術後などの
再発・転移が不安な方へ

治療が難しい再発がん。
当サイトではがんの再発・転移の原因や再発予防の重要性を紹介します。

術後などの再発・転移が不安な方へ術後などの再発・転移が不安な方へ

がんの再発・転移について

なぜ「再発」するのか

手術や治療がうまくいったようにみえても、手術で取りきれていなかった目に見えない小さながんが残っていて再び現れたり、薬物療法や放射線治療でいったん縮小したがんが再び大きくなったりすることで、再発が起こります。
発生した部位やステージなど状況によって、がん細胞を完全に排除することも可能ですが、排除できなかった場合、再発や転移することがあります。

がんの再発・転移とは
がんの再発・転移とは

がんにおける「再発」とは、手術などで取り除けたように見えたがんが、画像検査などで見えないほどの大きさで残っており、時間をかけて再び大きくなって現れることをいいます。がんの再発は、がんが最初にできた場所(原発巣といいます)で再び現れる場合と、原発巣からがん細胞が血管やリンパ管に入り込んで、別の離れた組織に現れる場合(転移といいます)があります。
手術などのあとに残った微小ながん細胞は、およそ5年間のうちには画像検査で見えるほどまで大きく増殖します。そのため、一般的には手術後5年経過して再発がなければ、そこでがんが「完治した」と言えます(がんの増殖が遅い乳がんなど一部のがんは5年以降も再発する可能性があります)

なぜ「再発」するのか
再発・転移の分類

がんの再発は、その成り立ちと分類によって、大きく以下の3つのタイプに分けられます。

局所再発

原発巣やその近くで再発することをいいます。
手術などで微小ながんが取り残されていた場合に発生します。遠隔転移がない場合、再発部位のみを切除することで完治が期待されます。

領域再発

原発巣と同じ組織や近くのリンパ節で再発することをいいます。
遠隔転移がない場合、再発部位やリンパ節を追加切除することで完治が期待されます。

遠隔(全身)再発

原発巣から離れている組織で再発することで、遠隔転移ともいいます。どの組織に転移しやすいかは、がんの種類によります。遠隔再発が起きた場合は、一般的には再手術の適応にならず、化学療法などの全身治療でがんを抑えることになります。
再発・転移の分類
再発・転移したがんの治療は難しい

がんは再発(特に転移)すると、その後の治療が難しくなってしまいます。
その理由は、転移した再発がんの場合、すでに全身にがんが回っていると判断され、再度がんを取り除く手術の適応とならないことが多いからです。現在のところ、抗がん剤による全身治療では一時的にがんが縮小することはありますが、完全にがんが死滅することはなかなかなく、完治が難しい要因になっています。
そのため、がん再発予防の戦略は、早期発見だけでなく、再発させない戦略(再発予防)がとても重要となります。

再発・転移したがんの治療は難しい

再発予防について

がん再発予防の重要性

■がん再発の原因について

手術でがんを切除した場合でも、少なからずがんが再発する事があります。目で見えるがんをすべて切除したと思っても、目に見えない微小ながんが残ることがあります。

例えば画像で調べても1ミリに満たないようながんは見つけることができません。したがって微小ながんが残存した場合は、それが徐々に大きくなって、やがて画像に写るぐらいの大きさになることがあります。これががんの再発という現象です。

続きを読む

■がん再発予防に対する考えと再発させないために

がんの再発は全身のどこに出るかはわかりません。手術で切除した周囲に出ることもあります。また血液に乗って転移という形で離れたところに出ることもあります。

がんの再発に関しては検査も治療も全身的な視点で考えていかないといけないことになります。
先ずがんの再発は全身のどこに出るかわかりません。したがって定期的に全身の検査を行ってがんの再発を早期に見つけることも大切です。
早く見つければ対応できる治療も増えてきます。
但し、いかにがんを再発させないかが一番重要になります。
がんの再発をどうやって予防するか、やはり全身的な治療が中心となります。
全身的な治療で筆頭にあがるのが、なんといっても抗がん剤などの化学療法ということになります。
また、手術後に補助療法として、抗がん剤治療を行うことで微小に残ったがんを、多くの抗がん剤によって無くそうということになります。しかし、これもなかなか限界もあり、一度、がんが再発してしまうと、今度は完全に治すことが非常に難しくなってきます。いかに手術後の再発を無くすか、これがやはりがんから生還できる一番大きなポイントになります。

続きを読む

がん再発予防として免疫機能の強化と攻撃

■がん再発予防としてのがん免疫細胞治療

体にはがん細胞を攻撃排除する免疫という機能が備わっています。その機能はさまざまな免疫細胞が担当しています。その免疫細胞を使った治療をがん免疫細胞治療といいます。

がん免疫細胞治療の流れとして、患者さん自身の血液中から免疫細胞を採取、分離して、それを体外で大量に増やして、あるいは攻撃する機能を付加します。増大、機能強化した免疫細胞を患者さんに投与することで治療を行います。
がん免疫細胞治療により、体の免疫機能を強化することで手術後に残存した微小ながん細胞を攻撃し排除することができる可能性があります。

続きを読む

■がん再発予防におけるがん免疫細胞治療の有用性

これについては、過去に千葉県がんセンターや国立がんセンター等が中心として臨床試験が行われています。
肝臓がんや肺がんを対象に、手術後にがん免疫細胞治療を行うことにより、実際に再発が減るということが報告されています。
これは、無作為化比較試験という非常にエビデンスレベルの高い方法で実証されています。

その結果、がんに対してがん免疫細胞治療を行うことで、手術後のがんの再発を減らすという結果が報告されています。
この結果、手術後にがん免疫細胞治療を行うことが有用だと考えられます。

続きを読む

がん免疫細胞治療とは
私たちの身体の中でがん細胞やウイルス等の異物と闘ってくれる免疫細胞を患者さんの血液から取り出し、体外で培養することで数を増やしたり、効率的にがんを攻撃するよう教育してから再び体内へ戻すことで、免疫の力でがんを攻撃する治療法です。
再発予防に対する効果

免疫細胞治療が再発予防効果を期待できるとして、千葉県がんセンターや国立がんセンター等の研究により、手術後に免疫細胞治療を行うことで再発が減少し、生存率が高まったという結果が、海外の権威ある学術誌に報告されています。(※)

(※)
・『Cancer Immunol Immunother』 Kimura H, Matsui Y, Ishikawa A, Nakajima T, Yoshino M, Sakairi Y.Randomized controlled phase III trial of adjuvant chemo-immunotherapy with activated killer T cells and dendritic cells in patients with resected primary lung cancer. Cancer Immunol Immunother. Epub 2014 Sep 28.
・『Lancet』 Takayama T, Sekine T, Makuuchi M, Yamasaki S, Kosuge T, Yamamoto J, Shimada K, Sakamoto M, Hirohashi S, Ohashi Y, Kakizoe T., Adoptive immunotherapy to lower postsurgical recurrence rates of hepatocellular carcinoma: a randomised trial., Lancet. 356(9232):802-7, 2000.
・『Cancer』 Kimura H, Yamaguchi Y., A phase III randomized study of interleukin-2 lymphokine-activated killer cell immunotherapy combined with chemotherapy or radiotherapy after curative or noncurative resection of primary lung carcinoma. Cancer. 80(1):42-9, 1997

部位ごとの再発予防について

部位ごとに転移しやすい臓器や術後の再発率、再発予防のための治療や症例について、紹介します。

※当サイトで紹介するがん種以外の再発予防につきましては、
当サイトで紹介している医療機関へお問い合わせください。

再発予防として免疫細胞治療を
実施している全国の医療機関
各種がんに対する
免疫細胞治療の症例紹介

取材協力

瀬田クリニック東京
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル 3F
臨床研究参加者募集中 >

取材協力:後藤重則
順天堂大学大学院医学研究科客員教授 医療法人社団滉志会理事長
1981年、新潟大学医学部卒業 1989年、新潟大学医学部助手、同年医学博士号取得 帝京大学医学部講師、瀬田クリニック院長