子宮がんにおける再発予防

子宮がんには大きく分けて子宮頸がんと子宮体がんの2種類あります。術後2年以内は特に再発率が高いと言われています。
再発転移としてリンパ節や肺、肝臓、骨などに遠隔転移しやすいとされており、遠隔転移してしまうと予後が悪いケースがあります。
そのため、再発・転移が起きる前に術後の定期検査や補助療法を行うことが重要です。

子宮がんの再発しやすい臓器、5年生存率(ステージ別)

子宮がんにおける基本情報

子宮がんは大きく分けて子宮頸がんと子宮体がんの2つに大別されます。

■子宮頸がんにおける再発しやすい臓器・部位

再発しやすい臓器・部位は肺、脳、傍大動脈リンパ節、骨と言われています。

■子宮頸がん5年生存率はステージ別で以下の通りです。

ステージⅠ:92.2%
ステージⅡ:79.0%
ステージⅢ:65.8%
ステージⅣ:25.6%
と言われています。

■子宮体がん 再発しやすい臓器・部位

再発しやすい臓器・部位はリンパ節、膣、腹膜、肺と言われています。

■子宮体がん5年生存率はステージ別で以下の通りです。

ステージⅠで92.1%
ステージⅡで83.2%
ステージⅢで69.8%
ステージⅣで23.7%
と言われています。

子宮がんの術後経過観察、術後療法、再発治療

子宮頸がんは、手術のあと2~3年以内の再発率が高いとされているため、この期間内の経過観察は頻度高く検査を行います。また、手術後5年以上再発がない場合も、治療に伴う合併症や閉経などによって生活の質(QOL)が損なわれる場合があるため、経過観察が必要とされます。
通常は手術後の1~2年間は1~3ヶ月に1度の頻度で細胞診検査、腫瘍マーカー検査、胸部X線検査などを実施し、3年目は3~6ヶ月、4~5年目は6ヶ月、6年目以降は1年ごと徐々に頻度を落として検査を実施します。

子宮頸がんは、腫瘍の大きさ、浸潤具合、リンパ節への転移などの因子による再発リスク評価によって、その後の治療方針が決められます。リスクが低い場合は積極的な治療は実施されず経過観察のみとなりますが、中~高リスクの場合は、手術後に再発予防として放射線治療、化学療法や同時化学放射線療法が実施されることがあります。

子宮体がんは、手術のあと5年目以降も再発する可能性があるため、5年以上の経過観察が推奨されています。
通常は手術後の1~3年間は1~3ヶ月に1度の頻度で細胞診検査、血液検査、胸部X線検査などを実施し、4~5年目は6ヶ月、6年目以降は1年ごと徐々に頻度を落として検査を実施します。
子宮体がんは、進行期、組織型、浸潤具合や転移などの因子による再発リスク評価によって、その後の治療方針が決められます。リスクが低い場合は積極的な治療は実施されませんが、中~高リスクの場合は手術後に再発予防として化学療法、放射線治療が実施されることがあります。

参考資料:
全がん協加盟施設の生存率協同調査
(2011~2013年)
子宮頸癌治療ガイドライン2017年版
子宮体がん治療ガイドライン2018年版

子宮がん|
がん再発予防としてのがん免疫細胞治療

■子宮がんのがん再発について

子宮がんは、子宮頸部に発生する子宮頸がんと体部に発生する子宮体がんの2つがあります。いずれのがんも手術後2年以内の再発が多いと言われています。

再発する部位は、骨盤内、すなわちリンパ節や腹膜あるいは、遠く離れた肺などに再発することがあります。
一度再発してしまうと治すことが難しく、やはり手術後の再発予防がとても大切だと言われています。
手術後の補助療法としては、骨盤内に対しては放射線治療、肺などの全身に対しては、化学療法が行われています。これらの補助療法を十分に受けることが大切です。

続きを読む

■子宮がんのがん再発予防として(がん免疫細胞治療の症例)

子宮がんに対して、がんの再発予防に成功した例として、この方は、子宮頸がんの診断を受けた時に、既に肺に複数の転移が見つかりました。

子宮の切除と共に、肺のがん2カ所以上を切除しました。すでに4期(ステージⅣ)の子宮がんで、やはり極めて予後は悪いと考えられていましたが、手術後に化学療法と共に、がん免疫細胞治療を実施しました。その後、がんが再発せずに、今現在まで10年以上が経過しています。全くご病気の状況はなく、社会的に非常に活躍されています。

続きを読む

【動画で紹介している症例】詳細はこちら

取材協力

瀬田クリニック東京
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル 3F
臨床研究参加者募集中
※治療費の負担なし

※当サイトで紹介するがん種以外の再発予防につきましては、
当サイトで紹介している医療機関へお問い合わせください。

再発予防として免疫細胞治療を
実施している全国の医療機関
その他各種がんに対する
免疫細胞治療の症例紹介

取材協力:後藤重則
順天堂大学大学院医学研究科客員教授 医療法人社団滉志会理事長
1981年、新潟大学医学部卒業 1989年、新潟大学医学部助手、同年医学博士号取得 帝京大学医学部講師、瀬田クリニック院長