肺がんにおける再発予防

肺がんは術後2、3年以内に再発率が高いと言われています。また、術後5年を経過すると再発のリスクはかなり少なくなると言われています。
再発してしまうと予後不良となるケースもあるため、肺がんの病巣を取りきれたとしても、
術後治療をしっかりと受けていただき再発を予防することが大切です。

肺がんの再発しやすい臓器、5年生存率(ステージ別)

肺がんにおける基本情報

■再発しやすい臓器・部位

肺がんにおける再発しやすい臓器・部位は骨、脳、肝臓、反対側の肺、副腎、リンパ節と言われています。
肺には多くの欠陥やリンパ管が張り巡らされているため、がんが他の臓器・部位に広がりやすいと考えられています。

■ステージ別の5年生存率

肺がんにおける5年生存率はステージ別で以下の数値となります。
ステージⅠ:77.9%
ステージⅡ:48.0%
ステージⅢ:25.1%
ステージⅣ:6.8%
肺がんは他のがんに比べ再発しやすいと言われています。

肺がんの術後経過観察、術後療法、再発予防

肺がんは手術のあと5年以内の再発がほとんどのため、手術後5年間の経過観察が必要とされます。経過観察は血液検査や画像検査は3~6か月毎、気管支鏡検査は半年~1年毎に実施するのが目安となります。
ステージⅠ~Ⅱ、ⅢA期の非小細胞肺がんの場合は手術による切除または放射線治療を行うことが一般的です。術後は定期的なX線検査やCT検査、血液検査の他、化学療法や放射線治療を行うこともあります。

参考資料:
全がん協加盟施設の生存率協同調査
(2011~2013年)
肺癌診療ガイドライン2018

肺がん|
がん再発予防としてのがん免疫細胞治療

■肺がんのがん再発について

肺がんは、早期の1期(ステージⅠ)の肺がんでも、術後にがんが再発することがあります。2期(ステージⅡ)、3期(ステージⅢ)となると再発のリスクが高くなってきます。多くは2年以内にがん再発すると言われています。

再発してしまうと治癒させることが困難となってきます。
術後のがんの再発予防を十分に行うことが最も大切になります。
補助療法としては、化学療法が多くの場合行われています。

続きを読む

■肺がんのがん再発予防として(がん免疫細胞治療の症例)

肺がんの症例の中でこの方は、60歳女性、診断時既に縦隔や頸部のリンパ節に転移をきたした肺がんでした。
抗がん剤治療と共にがん免疫細胞治療を行いました。がんは縮小し、その後も長期に渡って維持されていました。

8年経過したところで肺のがんを手術で切除し、リンパ節のがんはすでに消失していました。その後、現在までがん免疫細胞治療と薬物療法を継続しておりますが、がんの再発の兆候はなく、今のところ全身にがんは認めていません。
なお、肺がんの術後のがん再発予防に関するがん免疫細胞治療の効果に関しては、多くの臨床試験が行われています。
日本では千葉県がんセンターで無作為化比較試験という方法で、効果を検証しておりますが、化学療法にがん免疫細胞治療を加えて行うことで、手術後のがん再発の数が減少することが報告されています。
このような臨床試験は、世界中で行われ、解析した結果も論文で報告されています。世界で最も権威のある学術誌でその結果が報告されていますが、その結果、がん免疫細胞治療を行うことで肺がんのがんの再発のリスクが減るということが報告されています。(※)

(※)
『Cancer Immunol Immunother』 Kimura H, Matsui Y, Ishikawa A, Nakajima T, Yoshino M, Sakairi Y.Randomized controlled phase III trial of adjuvant chemo-immunotherapy with activated killer T cells and dendritic cells in patients with resected primary lung cancer. Cancer Immunol Immunother. Epub 2014 Sep 28.

続きを読む

【動画で紹介している症例】詳細はこちら

取材協力

瀬田クリニック東京
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル 3F
臨床研究参加者募集中
※治療費の負担なし

※当サイトで紹介するがん種以外の再発予防につきましては、
当サイトで紹介している医療機関へお問い合わせください。

再発予防として免疫細胞治療を
実施している全国の医療機関
その他各種がんに対する
免疫細胞治療の症例紹介

取材協力:後藤重則
順天堂大学大学院医学研究科客員教授 医療法人社団滉志会理事長
1981年、新潟大学医学部卒業 1989年、新潟大学医学部助手、同年医学博士号取得 帝京大学医学部講師、瀬田クリニック院長