大腸がんにおける再発予防

大腸がんは早期発見されれば手術後の再発率は低いがんと言われていますが、がんが進行してしまうと再発率は高くなります。
ステージⅢで3割ほどの方が再発すると言われています。どのがんにも言えることですが、がんが再発してしまうと治療はとても難しくなりますので、再発を予防することはとても大事になります。

大腸がんの再発しやすい臓器、5年生存率(ステージ別)や再発率(ステージ別)

大腸がんにおける基本情報

■再発しやすい臓器・部位

大腸がんにおける再発しやすい臓器・部位は、肝臓、肺、局所、リンパ節、腹膜、骨、吻合部(手術で切除してつないだ部分)等と言われています。
特に直腸がんの場合、手術で十分に広く切除することが難しい場合があり、局所での再発が起こりやすいとされています。

■ステージ別の5年生存率・術後再発率

大腸がんにおけるステージ別の5年生存率は以下の数値となります。

結腸がん(%) 直腸がん(%)
ステージⅠ: 90.1 91.1
ステージⅡ: 81.6 83.2
ステージⅢ: 80.2 77.9
ステージⅣ: 18.8 26.4

大腸がん手術後の再発率はステージ別で以下の数値となります。
ステージⅠ:5.7%
ステージⅡ:15.0%
ステージⅢ:31.8%

大腸がんの術後経過観察、術後療法、再発予防

大腸がんは手術のあと5年以内の再発がほとんどのため、手術後5年間の経過観察が必要とされます。
通常は手術後の3年間は3~6ヶ月に1度の頻度で腫瘍マーカー検査やCT検査を実施し、その後2年間は6~12ヶ月に1度の頻度で検査を実施します。
原則ステージⅢの場合、手術後に再発予防として6ヶ月間の化学療法を実施することが推奨されています。なお、ステージⅡでも再発リスクが高い場合は、手術後の化学療法を考慮する場合があります。

参考資料:
全がん協加盟施設の生存率協同調査
(2011~2013年)
大腸癌治療ガイドライン 医師用2019年版

大腸がん|
がん再発予防としてのがん免疫細胞治療

■大腸がんのがん再発について

大腸がんのがん再発のリスクは、そのステージによってかなり違います。早期の大腸がんでは、がん再発のリスクは、とても低いけれど、例えば3期(ステージⅢ)の大腸がんでは、手術しても、概ね3割程度の方が再発するといわれています。

したがって、進行の程度により、がんが再発すると完全に治すことがとても難しくなってきます。進行程度に関わらず、いかに手術後に、がんを再発させないか、ということがとても重要になってきます。

続きを読む

■大腸がんのがん再発予防として(がん免疫細胞治療の症例)

再発予防を目的として、直腸がん、両側の肺に多発転移があり、通常は、手術が困難なケースでしたが、手術を行い、多発性の肺転移を切除しました。

しかし、すでに肺転移を生じ、さらに転移を起こす可能性が非常に高い方でしたが、手術後にがん再発予防として、がん免疫細胞治療を実施し、巧くがんの再発が予防できて、現在まで7年以上、全くお元気でがんも再発せずにお過ごしになっていらっしゃいます。もう7年以上経過しているのでがんの再発の恐れは、ほとんど無いと考えています。

続きを読む

【動画で紹介している症例】詳細はこちら

取材協力

瀬田クリニック東京
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル 3F
臨床研究参加者募集中
※治療費の負担なし

※当サイトで紹介するがん種以外の再発予防につきましては、
当サイトで紹介している医療機関へお問い合わせください。

再発予防として免疫細胞治療を
実施している全国の医療機関
その他各種がんに対する
免疫細胞治療の症例紹介

取材協力:後藤重則
順天堂大学大学院医学研究科客員教授 医療法人社団滉志会理事長
1981年、新潟大学医学部卒業 1989年、新潟大学医学部助手、同年医学博士号取得 帝京大学医学部講師、瀬田クリニック院長