script 胃がんにおける再発予防|がん再発予防.com

胃がんにおける再発予防

胃がんは早期発見することで外科的手術を行わなくても内視鏡などで病巣を取り除き、根治可能ながんと言われています。
しかし、粘膜よりも深く浸潤しているがんの中には再発してしまうケースもあります。再発してしまうと予後不良となるケースもあるため、
胃がんを取りきれたとしても、術後治療をしっかりと受けていただき再発を予防することが大切です。

胃がんの再発しやすい臓器、5年生存率(ステージ別)

胃がんにおける基本情報

■再発しやすい臓器・部位

胃がんにおける再発しやすい臓器・部位は肝臓、腹膜、リンパ節、遠隔転移(肺、骨、脳)と言われています。
胃がんでは肝転移した場合は既に全身病と考えられます。

■ステージ別の5年生存率

胃がんにおける5年生存率はステージ別で以下の数値となります。
ステージⅠで88.9%
ステージⅡで60.5%
ステージⅢで42.8%
ステージⅣで5.7%
と言われています。

胃がんの術後経過観察、術後療法、再発予防

胃がんにおいて治療後5年を経過して再発が見られない場合は完治したと判断されます。
ステージⅠは、完治が比較的高く望めるため、術後に経過観察となります。ステージⅡ~Ⅲでは再発のリスクを抑えるために、術後に経過観察と化学療法が行われることが一般的です。
ステージⅡ~Ⅲの場合は術後、2年を経過するまでは3か月毎に問診や診察の他、血液検査等を行います。CT検査は6か月毎に行われます。術後2年目以降は問診や診察の頻度が3か月毎から6か月毎に延長されCT検査は年に1回となります。
胃がんは他のがんと比較して比較的完治が望めるため、早期発見と術後の再発を防ぐことが重要です。

参考資料:
全がん協加盟施設の生存率協同調査
(2011~2013年)
胃癌治療ガイドライン2018年版

胃がん|
がん再発予防としてのがん免疫細胞治療

■胃がんのがん再発について

早期の粘膜の中にとどまっている胃がんの場合は、内視鏡的に切除することもできます。内視鏡で十分に切除できた場合は、転移やがんが再発することもなく治ることがほとんどです。

しかし、粘膜よりもっと深く浸潤した胃がんは、内視鏡で切除することが難しく、手術で胃を切除することになります。
この場合は、再発するリスクは十分あり、手術後に補助療法を十分に受けることが大切となります。
補助療法としては、通常化学療法が行われます。

続きを読む

■胃がんのがん再発予防として(がん免疫細胞治療の症例)

胃がんの再発予防も含め、この方は、再発予防ではありませんが71歳女性、貧血がひどいので診てもらったところ、胃からの出血が原因でした。

胃がんでリンパ節および、骨への転移が診断されました。出血を止めるために、胃の切除手術を行いましたが、リンパ節や骨への転移は残ったままでした。そこで胃がんに使われるTS-1という抗がん剤とがん免疫細胞治療で並行して治療を行いました。その結果、がんは間もなく消滅してその後3年間でがんが再発してくることはありません。
おおよそ1年半でがんは消えて、その後3年間経過を見ていますが再発の兆候はありません。治療がよく効いたケースだと言えます。

続きを読む

【動画で紹介している症例】詳細はこちら

取材協力

瀬田クリニック東京
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル 3F
臨床研究参加者募集中
※治療費の負担なし

※当サイトで紹介するがん種以外の再発予防につきましては、
当サイトで紹介している医療機関へお問い合わせください。

再発予防として免疫細胞治療を
実施している全国の医療機関
その他各種がんに対する
免疫細胞治療の症例紹介

取材協力:後藤重則
順天堂大学大学院医学研究科客員教授 医療法人社団滉志会理事長
1981年、新潟大学医学部卒業 1989年、新潟大学医学部助手、同年医学博士号取得 帝京大学医学部講師、瀬田クリニック院長