膵臓がんにおける再発予防

膵臓がんは他の臓器や血管に囲まれていることや症状が出にくいためがんの発見が遅くなり、進行してしまっているケースが多くあります。
また、外科的手術ができたとしても再発し予後が良くない方も多いと言われています。
外科的手術で膵臓がんを取りきれたら、術後補助療法をしっかりと受けていただき再発を予防することが大事です。

膵臓がんの再発しやすい臓器、5年生存率(ステージ別)

膵臓がんにおける基本情報

■再発しやすい臓器・部位

膵臓がんにおける再発しやすい臓器・部位は肝臓、腹膜、リンパ節、肺と言われています。

膵臓は多くの消化器や重要なリンパ節や動脈に囲まれていることから完全に切除しにくく、また早期から転移を起こしやすいため、再発・転移しやすいがんとされています。

■ステージ別の5年生存率

膵臓がんの5年生存率は
ステージI:46.1%
ステージII:20.1%
ステージIII:6.4%
ステージIV:1.8%

手術が可能なステージIやIIの早期段階でも5年生存率が50%を下回ることからも再発率が高いことがうかがえます。

膵臓がんの術後経過観察、術後療法、再発予防

膵臓がんは手術のあと5年以内の再発がほとんどのため、手術後5年間の経過観察が必要とされます。
通常は手術後の2年間は3~6ヶ月に1度の頻度で腫瘍マーカー検査やCT検査を実施し、その後少なくとも3年間は6~12ヶ月に1度の頻度で検査を実施します。
手術後に再発予防として化学療法を実施することが推奨されています。また、近年は再発リスクをさらに下げるため、手術前にも化学療法を実施する場合があります。

参考資料:
全がん協加盟施設の生存率協同調査
(2011~2013年)
膵癌診療ガイドライン 2016年版

膵臓がん|
がん再発予防としてのがん免疫細胞治療

■膵臓がんのがん再発について

膵臓がんは、体の深いところにあって、がんが発生しても症状が出にくいということがあります。がんが発見された時には、すでに、進行してしまっていて、手術が出来ない方も多いがんです。

早期で発見された場合でも、手術で切除した後に、がんが再発することが多いがんでもあり、極めて予後が悪いがん考えられています。したがって、手術後の補助療法を十分に受けることが最も大切だといえます。

続きを読む

■膵臓がんのがん再発予防として(がん免疫細胞治療の症例)

膵臓がん患者さんの治療実績の中には、かなり進行してしまった方から手術ができて再発予防のために受ける方まで様々な方が治療を受けていらっしゃいます。

再発予防ということではないのですが、診断時すでに肝臓に多発転移があり、手術の適応が無く、化学療法が治療の主体でした。化学療法を開始して間もなく、化学療法と合わせてがん免疫細胞治療を行い、約半年の治療期間で画像上は、膵臓のがんも肝臓のがんも、殆ど見えなくなり、消滅していました。
その後も、化学療法とがん免疫細胞治療を現在まで続け、既に治療開始から6年以上が経過しています。その間、がんは再発することなく全く順調に経過し、現在、お元気でお過ごしになっています。

続きを読む

【動画で紹介している症例】詳細はこちら

取材協力

瀬田クリニック東京
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル 3F
臨床研究参加者募集中
※治療費の負担なし

※当サイトで紹介するがん種以外の再発予防につきましては、
当サイトで紹介している医療機関へお問い合わせください。

再発予防として免疫細胞治療を
実施している全国の医療機関
その他各種がんに対する
免疫細胞治療の症例紹介

取材協力:後藤重則
順天堂大学大学院医学研究科客員教授 医療法人社団滉志会理事長
1981年、新潟大学医学部卒業 1989年、新潟大学医学部助手、同年医学博士号取得 帝京大学医学部講師、瀬田クリニック院長